審査に落ちがちなパターンについて

審査に落ちがちなパターンについて

ローン利用の時には審査がありますが、審査には各社独自の
審査があり、その内容を公表しているところはありません。

 

ただし、審査をする上で、
やはり落ちてしまいやすい人というのはあるようです。

 

その傾向としては、まずは既に他社での
ローン利用が数件あるという場合です。

 

総量規制によって現在は基本的にカードローンなどのローン利用において、
年収の3分の1以上の金額を利用することは出来ません。

 

そのため他社で既にこの上限に達している場合や、利用合計が上限を超えてしまう場合、
審査時の申請金額だけで上限に達している場合などは審査を通過することは出来ません。

 

申込み時の希望利用額にはあまり高額を記入せず、
あくまでその時必要な金額を書くようにした方が良いでしょう。

 

また審査に落ちてしまいやすいパターンの1つとして、
「申込みブラック」というものもあります。

 

カード会社は申込み者の情報を共有しているので、1ヶ月に何件もの申込みを続けると、
この「申込みブラック」になってしまうため審査に通ることが出来なくなります。

 

基準としては、1ヶ月に3社申込みをしてしまったならば、
半年は間をあけるようにしたいですね。

 

現状ではローンは何も利用していないのに、
審査に通らないということもあります。

 

その場合には、過去にローン利用をしたことがないか思い出してみましょう。

 

ローン会社は申込み時に利用者の許可を得た上で、
過去の借入、現在の借入などについての情報を確認します。

 

そのため過去でのローン利用のときに、支払トラブルがあった場合なども
当然分かってしまうために、審査に通ることが出来ない場合もある
ようです。

 

おおむね、審査に落ちてしまいがちなパターンとしては上記の内容になりますが、
改善できるところは事前に改善してから審査申込みをするようにした方が良いでしょう。