審査に通過するために

審査に通過するために

ローンを利用するためには、
まずは利用する金融機関による審査を受ける必要があります。

 

これは借入希望金額に対して、利用者が返済する能力があるのかどうかを確認するために
行われるのと同時に、申込用紙に記入した内容についても確認されます。

 

ローン審査に通過するためには、まずは申込み用紙に
年収などを記入する時に、嘘の申告をするのはやめてください。

 

ローン審査の審査基準は公開されてはいませんが、審査でよく見られるのは
年収、現在の借入件数、借入金額、会社への勤務年数であるといわれています。

 

そして同時に、上記の内容について
嘘をついて申込み用紙に記入してしまう人も多いようですね。

 

お金を借りる上で、年収は高ければ
確かにそれだけ審査には通りやすいかもしれません。

 

しかし銀行や消費者金融などのローン商品を取り扱う金融機関は、個人の借入状況、
審査申込み情報などをリアルタイムで共有しているため、すぐに調べることが出来る
のです。

 

つまりここで嘘の内容を記入したとしても、
金融機関にはその嘘は見抜かれているということになります。

 

そうすると問題です。

 

お金を貸す側の立場になって考えてみれば分かることですが、
大切な内容について嘘をつく相手を信用することは出来ませんね。

 

それはローン審査についても同じことです。

 

申込み内容についての嘘が審査でバレてしまうと、
当然その会社の審査に通ることは出来なくなり、借入も不可能です。

 

また審査申込みをした件数に関しても、情報は共有されるため、何度も同じことを繰り返せば、
「申込みブラック」という扱いになり、どの機関でも借入が出来なくなってしまうでしょう。

 

自分の収入などから、どうしても借入したいがために嘘をつきたくなることはありますが、
そういった内容こそ正直に記入する方が、審査ではプラスに働きます。

 

多少の不安があったとしても、申込み用紙には
必ず正しい情報を記入するようにしましょう。